ATISクラウド内で使用するアプリケーションやメニューのカスタマイズができます。
不要な機能は表示しない等、ユーザーにとって最適な環境でATISクラウドを運用することが可能です。