行動予定カレンダーを使って営業担当者のスケジューリングが行えます。
1日のスケジュールを視覚的に確認しながら、アポイントメントの予定を各担当者に割り振る事が可能です。また、時間帯・営業エリア毎に営業残数を設定する事で、アポイントメントのキャパシティーオーバーを防止できます。